WWOOFジャパンのホストである皆農塾には、アメリカ・フランス・ドイツ・香港・台湾など世界中の人々が訪れます。

2016年の新年は、メキシコから来た若い2人の組みの女性が滞在して、私達の農のある暮らしを体験しています。彼女たちに「寄居はとても寒いけど大丈夫ですか?」と聞いたところ、「メキシコもここと変らないくらい寒いから大丈夫」とのこと。”メキシコは暑いところ”というイメージが自分にあったのですが、実際には違うようでした。

メキシコのお菓子と人形

↑ヤギのミルクで作ったキャンディーとカメの手作りマスコットのメキシコお土産

皆農塾に訪れるウーファーは国の文化も価値観も違いますが、共通していることは「日本が大好き」・「有機農業を学びたい」ということです。私のつたない英語で彼らと会話をすると、私達日本人以上に日本のことが好きで自然や農のあることに好奇心いっぱいです。

昨年約2ヶ月間、皆農塾に滞在してくれたカナダのホーレインが、ご自身のBlogで皆農塾で体験したことを紹介しています。ホーレインからみた日本の暮らし、日本の農はどのように感じたのでしょうか?英語のページですが、素敵な写真と体験したことが書かれていますので、ぜひ見てみてくださいね。

(下の画像をクリックするとホーレインのBlogに移動します。)

HUE_OF_THE_WIND

 

皆農塾 関口 剛史