お天気のいい日が続いて、苗がどんどん育ち、どれもこれも早く畑に植えてくれと言っています。作物に急かされての畑作業の毎日です。

トマト苗に小さな花が咲き出し、定植適期。苗がちょっと黄ばんで見えるのは肥料切れのせい。トマトは初期に栄養がよすぎると、自分ばかり太って、木が暴れて、実がとまりません。こう説明すると、「トマトが暴れる?」って、どうなるんだと聞き返されます。でも、暴れたトマトを見たら、1年目の研修生も納得、うまいこと言うものだと感心します。

知り合いのおじいさんは足しげく田んぼに通うと稲が足音を聞いて喜ぶ、と言っていました。(K)

 

春穏やかな天気に押され、虫たちの王国が繁栄を始めています。毎年苦労しているアブラムシが湧いてきたかた思ったら、今年は天敵たちの王国も大分栄えているようで、一安心です。
アブラムシ捕食隊筆頭のテントウムシをはじめ、ヒタラアブの成虫(右下)の撮影にも成功しました。
ヒタラアブは成虫は蜜を吸い、幼虫がアブラムシを食べてくれるみたいです。(勝)

ヒラタアブ

 

≪宅配ドライバーに感謝!≫
海外の人は、日本の宅配システム(アメリカ発で日本で進化)に驚きます。確実に荷物が届くことに加えて、時間指定やクール便などの顧客サービスは素晴らしいと。私たちもその恩恵にあずかって仕事をしてきました。その宅配業者がドライバー不足に悲鳴をあげています。ドライバーも不在による再配達に苦労し、その上、大量のCO2が排出されています。野菜セットは、一回目の配達で受け取れていますか? 時間指定などありましたらご連絡ください。

値上げのニュースも時々あり、2年前に特別割引がなくなってから高い送料が悩みです。

ヤマト運輸から少しだけ送料が安い業者に動いた仲間もいましたが、皆農塾はそのまま、運賃の値上げ分は皆農塾持ちでヤマトを利用してきました。私たちは、卵が割れないで届くという取り扱いの点ではヤマトを信頼しています。他業者のドライバーが路上で荷物を投げている映像が投稿されて話題になりましたが、ヤマトでも卵の割れ方や箱の凸凹から、扱いが悪かったと思うことがまれにありました。

いずれにしても、現場が疲弊しないサービスをお願いします。(恵子)