この季節、皆農塾の野菜セットには、ちょっぴり泥んこな里芋が入っています。

160309_1

里芋がちょっぴり泥んこなのは、出荷直前まで土の中で過ごしていたから。

160307_1-3

里芋はとても寒さに弱く、寒さに当たってしまうとすぐに傷んでしまいます。

皆農塾では、厳しい冬の前に、収穫したそのままの里芋を、深い土の中に埋め直すことで、春までおいしい状態で保管しています。

160307_1

そして、出荷日に直前に土の中から里芋を掘り起こし、手作業でひとつひとつの土を落して出荷をしています。

160307_1-2

 

ちょっぴり泥こんな里芋は、料理のときに洗うのが面倒と感じてしまいますが、泥んこのまま厚めに皮をむけば大丈夫。

160309_1

ひと冬土の中でじっくり過ごした里芋をお楽しみください。

 

皆農塾 関口 剛史