私達が毎日食べるたまご

きっと、みなさんも毎日たまごを食べているのではないでしょうか。

 

大人も子どもも誰もが知っているたまご

では、そのたまごがどうやって産まれるかご存じですか?

151030_1-2

そうですよね、メスの”にわとり”が毎日新鮮なたまごを産みます。

 

では、何歳の”にわとり”がたまごを産むかご存じですか?

1歳ですか?それとも2歳?、もしくは生後まもない6ヶ月?

151218_1

答えは、生後5ヶ月過ぎた”にわとり”がたまごを産みはじめます。

生後5ヶ月といったら、人間だったらまだまだ小さな赤ちゃん。

でも、にわとりは早くもたまごを産みはじめます。

 

皆農塾では、生後2ヶ月目の雛から平飼いの鶏舎に入ります。

その頃は、まだひよ子のあどけなさがあり、ピヨピヨとかわいい鳴き声です。

151218_2

風通しのいい鶏舎内でスクスク育ち、生後5ヶ月目になると体も鳴き声も変ります。

160219_1-2

この頃から、たまごを産み始めます。

160219_1-3

大人のにわとりのたまごと比べると、5ヶ月目のたまごは小さくてかわいいです。

160219_1

私達が何気なく毎日食べているたまご。

そのたまごはどんな”にわとり”から産まれたのでしょうか?

 

何気なくあるもののプロセスをあえて考えてみると

以外と知らないことばかりですね。

 

皆農塾 関口剛史